ショック。適量の飲酒が健康に良いのは間違いだった

「酒は百薬の長」と昔から言われ、よく医者も「ほどほどの飲酒なら、ストレスを解消し、体にもいいですよ」と太鼓判を押してくれる。
  
1993年に米国保健科学協議会が各国の諸研究を集約してまとめた「Jカーブ効果」説というものがある。
「適量のお酒を飲んでいる人の全死亡率は、まったく飲まない人、また飲み過ぎる人に比べると最も低い」というもので、
人種・民族を越えて世界共通の傾向だという。日本では厚生労働省が定めた「健康日本21」の中で、個人差があるとしながらも推奨している。
  
だが、クリスティー博士らは、この「Jカーブ効果」に十代な誤りがあったことに気付いた。
「過去の論文の多くが、病気が原因で禁酒している人々のことを考慮の対象から除外している」というのだ。
博士によると、酒を飲まない人々の中には次の事情の人がいる。
  
(1)糖尿病や心血管疾患などの病気で医師から禁酒をさせられている人。
  
(2)そのほかの病気を患ったり、もともと体が弱かったりして酒を飲めない(あるいは飲まない)人。
  
こうした人々は早死にする可能性が高いのに、酒を飲む人と全死亡率を比較する際、統計に反映されてこなかった。
そこで「病気による飲酒」を考慮しない論文をすべて除外し、残りの論文を改めて分析し直すと、
「適量の飲酒が、酒を飲まない人より健康的で長寿をもたらす」という結果は得られなかった。
これまで酒好きを喜ばせてきた多くの研究は、最初から「統計ミスに」によるものだったというわけです。
  
  
●「酒を飲むから健康」ではなく「健康だから酒を飲める」
  
クリスティー博士は「病気による禁酒を考慮しなかったことが、禁酒の健康への影響を見誤らせてきました。
また、適度な飲酒のおかげで健康になるという見方も、原因と結果を取り違えています。健康だからお酒を飲めるわけで、
その逆ではありません。過剰に酒を飲むとアルコール依存症になることを考えると、ほとんどの人にとって飲酒量は少ないほどよいのです」と語る。
  
また、今回の研究で、もっとも健康に良い「適量の飲酒」は「10日ほどにアルコール1ドリンク未満」だとわかった。
「1ドリンク」とは、医学用語で約10グラムのアルコール量をいう。ビールなら中ビン半分、
日本酒なら0.05 合にあたる。これでは、ほとんど飲まないに等しいではないか。
  
米の健康医療紙「ヘルスニュース」2016年3月31日号では、クリスティー博士の論文の紹介とともに、
専門家たちのコメントも載せている。米ボストン大学のカーティス・エリソン教授は「人や動物の実験でも、
適度な飲酒(特にワイン)が動脈硬化や冠動脈疾患のリスクを下げることが科学的に証明されている」と反論した。
一方、カナダ・トロント大学のダナ・ラナ教授が「飲酒に有益な効果があることは認めるが、乳がんなど様々な病気のリスクが高まるなど、
効果が相殺されることも確かだ」と賛成するなど、専門家の間で評価が分かれている。
  
つまり、適量のお酒を飲んだ方が良い。というのは間違いであって、健康な人が適量に飲んでいるから良いのである。
ですが、少し飲んだからといって健康被害があるわけではなく、1日1〜3杯だったら問題ないそうです。
  
  
でも・・・それでもお酒が好き!
せっかく調べたけど、懲りずに楽しみたいというわがままなブログです。笑

お酒を楽しむために気をつけたいこと

今年も、残りあとわずか。

忘年会のシーズンを迎えていますが、みなさんお酒を飲みすぎていませんか?

お酒が大好きで毎晩飲む方。週末の仕事終わりだけ、自分へのご褒美にお酒を飲む方。仕事で、日常的にお酒を飲まなければいけない方。

色々な方がいらっしゃると思います。

それはそうと「ブラックアウト」って知ってますか?

ブラックアウトとは、アルコールの過剰摂取によって
記憶の中枢を司る「海馬」という部分が麻痺してしまい。
記憶に障害が出てしまうというものです。

飲み会などの席にいると、同じ話を何度も繰り返す人や
普段は温厚なのに強い口調になる人、いろんな症状があるようです。

そして飲み会の翌日、よく聞く言葉があります。

「昨日の記憶がない。」

「記憶がないなんて、そんなこと、ありえない!」と思っていたのですが、
気づけば自分も同じようなことを口にしていました。。

お酒が飲めるようになり、毎晩飲み歩いてた頃のことです。

盛り上がっていて楽しかったせいか、いつもよりハイペースにお酒を摂取していました。

いつもであれば、朝方決まった時間まで飲み、タクシーで自宅まで帰宅する。
というのがお決まりのパターンになっていたのですが、その日は何故か、目が覚めるとそこは自宅でした。

友逹から「大丈夫?」との連絡。

「昨日の記憶がない・・・」

まさか、自分がその言葉を口にするとは思わなかったなぁ。。

お酒で記憶を無くすなんて迷信だと思っていたのですが、本当に起こる話だったのです。

ブラックアウトというものは、実際に誰でも起きるものです。

一度ブラックアウトすると、症状が慢性化しやすくなってしまい。

少量のお酒でも、ブラックアウトするようになるんだとか。

ブラックアウトの怖いところは、自分は記憶のない状態であっても、
普通に会話をしていたり、場所を移動していたりすることです。

調べてみて、たしかに・・・と思いました。

ドラマや漫画の世界みたいに、もう一人の自分がいるような、不思議な感覚に陥りますが。

実際は、記憶を管理する海馬がキャパオーバーになっていて、機能できなくなる。ということなのだそうです。

少量のお酒は、健康に良い。と言われることもありますが。

飲み過ぎは良くないのですね。
楽しくお酒と付き合うために自分のキャパを知ることも大事!

なにより自分を大切に思って飲んでください。

日本酒っておもしろい

「日本酒が好き!」な人、日本酒の種類や味の違い、、、わかりますか?
意外とそこまでの違いがいまいち分からない人が多いのも事実。

日本酒というくらいなので、「日本」の魅力があふれているお酒なのに
いまいち知識がないと楽しみきれないことってありません?

接待だったりデートだったり、、日本酒を飲む場は十人十色なのですが、
知っていると話題が一気に膨らみます。

まず、香り高くてさっぱりした日本酒が好きな人におすすめなのが
「吟醸酒」(ぎんじょうしゅと読みます。)

香りが強くて濃厚な味が良いという人へのおすすめは
「古酒」(こしゅ)
「成熟酒」(せいじゅくしゅ)

香りが控えめ、さっぱり飲みたい人へ
「本醸造酒」(ほんじょうぞうしゅ)
「生酒」(なまざけではなく、きざけ)

香りは控えめだけど、濃厚なのは
「純米大吟醸」(じゅんまいだいぎんじょう)

このあたりは日本酒の種類ですね。
温度の名前もたくさんあります。

熱燗やぬる燗、室温というとほとんどの人が知っている言葉かもしれません。

その他にも
「上巻(じょうかん)」
約45℃に設定した温度のことです。
徳利から注いだときに湯気が立つ程度で、味が引き締まって感じるくらいの温度です。

「涼冷え(すずひえ)」「花冷え(はなひえ)」「雪冷え(ゆきひえ)」
ここらへんになると、冷酒とまとめられることが多いけど、
日本酒は冷やして飲むと繊細な味わいを感じられるのです!
だいたい涼冷えは15℃、花冷えは10℃、雪冷えは5℃と言われていて、
これで飲むと「ツウだね〜」なんて言われたりするというウワサが。。

ここでひとつ女性に捧げるマナーがあります。

デートであれば、知っておいて損はない注ぎ方。

注ぐタイミングは徳利の中身が1/3以下になっていることを確認。
徳利を右手で持って、左手を底に添えて両手で注ぐのがマスト!

逆に注いでもらう側であれば、片方の手で軽く杯を持って、
もう片方の手が肺の底を支える形。

さりげなくこれができるとすごくスマートでかっこいいです。
雰囲気を大事にしてくださいね♪

日本酒を頼むときにお水を頼んでおくのも気がきくワンポイント。
そのときは店員さんに「和らぎ水をお願いします」というと
店員さんもにっこりしてくれます。

ちなみに日本酒を飲むときにお刺身だったりお肉だったり、、
何と一緒に楽しむのが好きですか?
どうでもいいけど、私はチョコレートをお供に楽しんでいます。
わりとビーフシチューやチーズとも相性が良いそうですよ!

どうですか?
どんな日本酒を誰と飲むかで味わいも変わるのでとっても楽しいので、
ぜひいろんな場で楽しんでください。