二日酔い。最小限に抑えたいかた必見!

二日酔いの辛い経験。お酒をよく飲むひとはできれば避けたいことです。
二日酔いにならない程度に量を抑えればとはわかっていてもそれができないのはお酒好きの方の悩ましいところです。そこで二日酔い防止策を紹介します。

・二日酔いの仕組み
そもそも二日酔いはどうして起こるのでしょうか。
お酒を飲むことで体内に摂取されたアルコールは肝臓で処理されてアルコールからアセトアルデヒドという成分に変化します。このアセトアルデヒドが今度は酢酸に変化し、酢酸は水と炭酸ガスに変化して最終的に体外へと排出されていきます。お酒の量が肝臓の許容量を超えていなければ処理されて問題ないのですが、お酒を飲み過ぎると肝臓の許容量を超えてしまいます。こうなるとアルコールやアルコールが分解処理されたアセトアルデヒドが血液を通して体内を巡ることになり、アセトアルデヒドが原因で頭痛や吐き気といった二日酔いに代表される症状が引き起こされるのです。
つまり大量のアルコールを肝臓が処理できなくなると二日酔いになるというわけです。そしてアセトアルデヒドという成分が大きく関わっていることもわかります。
二日酔いの症状を最小限に抑えるにはアセトアルデヒドをなんとかしないといけないのです。そこでアセトアルデヒド対策も考える必要が出てきます。

・飲酒前にできること
オリーブオイル
オリーブオイルをスプーン一杯飲みます。ヨーロッパでは二日酔い対策として一般的で、脂肪を胃の中にためておくことでアルコールの吸収をおさえることができるのです。そのためサラダにかかっているドレッシングは効果的なのでサラダを食べることは二日酔い防止となります。

緑茶
緑茶に含まれるカテキンがアルコ―ルの吸収を阻害する効果があり、脂肪やダイエットを気にしているかたにはおススメです。

お酒を飲む前の準備、これは二日酔い予防においてとても重要です。
事前にしっかり対策をしておけば二日酔いを抑えることも不可能ではありません。
まずもっとも注意したいのが空腹での飲酒を避けることです。空腹の状態でお酒を飲むと血液中のアルコール濃度が上がりやすくなり、それだけ早く酔い同時に二日酔いにもなりやすくなります。空腹だとお酒の回りが早いとよく言いますがまさにその通りなのです。体内にすぐにアルコールが浸透してしまう形です。
逆に食事を済ませて空腹状態でない場合だと血液中のアルコール濃度は上がりにくくその分だけ酔いにくく二日酔いにもなりにくくなります。お酒と食事を一緒にするのは苦手という方もいますがその場合でも飲酒前に軽く食べておくなどして空腹の状態だけは避けるようにしましょう。
これを意識するだけでも二日酔いはかなり対策できるはずです。
また、脂肪が二日酔い予防に効果的な成分とされていますので理想的なのは脂肪がある程度含まれた食事を食べることです。

・飲酒時にできること
水を飲む
お酒を飲んでいるときに水を飲むということは考えられないかもしれませんが、一番大切なことが水を飲むことです。アルコールを飲むと水分が急激に身体から奪われ、その結果二日酔いになるのです。水は必ず多めに飲みましょう。

ちゃんぽんしない
当たり前ですがいろいろな種類のお酒を飲むと、つい飲み過ぎてしまい二日酔いになりやすくなります。そして、炭酸やお湯で割ると酔いやすくなります。飲み方にも注意が必要です。

お酒を飲んでいる最中に翌日の二日酔いのことなど考えられないことです。気分よく飲み進めて気づいたら頭痛や吐き気が・・。実はお酒の種類でも二日酔いしにくいお酒があります。それはウィスキーや焼酎などの蒸留酒。この蒸留酒はお酒に余計な成分が入っていません。 余計な成分が入っていないおかげで二日酔いしにくくなるのです。ところが日本酒やワインはこれとは逆で、二日酔いしやすいお酒です。 アルコール以外の成分が入っているからです。日本酒やワインを飲むときは水を意識して多めに飲むようにすることがポイントです。

・飲酒後にできること
水素水を飲む
最近では水素水が二日酔いの防止にいいとされています。活性酸素を除去する効果がある水素水を飲んで寝ると改善されるとか。
良く寝る
飲んだお酒は肝臓がフル活動して分解しています。そのため寝ることが一番大切になってきます。熟睡することが大切なのでシャワーに浴びてから寝る、いつものパジャマに着替えるなどいつも通りの睡眠スタイルで眠るようにしましょう。しっかりと睡眠をとることができれば二日酔いにもなりにくくなります。

飲酒したあと、とくに喉が渇いてなくても水はたくさん飲みましょう。体内に吸収された分解されるまでのアルコールは大量に水が必要です。アルコールが体内に残り続けている限り二日酔いは続きます。そして今二日酔い防止ドリンクや肝機能促進ドリンクが多く売られていますが結局どれがいいのかという問題にぶち当たります。 一番有名なものがウコンの力とヘパリーゼだと思うのですが、最近ではヘパリーゼの人気が勢いを増している気がします。私もヘパリーゼは良く飲みますし薬剤師が実際どうなのかを比較してくれています。参考記事⇒こちら 自分に合った対策を心掛け二日酔いにならないよう身体に負担をかけないようお酒と向き合っていくことが大切です。