いつもと違う飲み方でお酒をアレンジする方法

お酒が好きな人だと毎日飲むという方も多いでしょう。
でもいつも同じお酒を飲んでいると飽きてしまうこともあるはずです。
そんな時は少し飲み方にアレンジを加えてみると同じお酒でも感じが随分変わって美味しく飲めます。
とはいえどんなアレンジ方法があるのかを知っている方は少ないようです。
アレンジの方法を確認しておきましょう。

・水素水の水割り

ウイスキーや焼酎など、水で割って飲むお酒もあります。
水割りですから当然と言えば当然なのですが多くの方は家の水道水やミネラルウォーターで割って飲んでいるでしょう。この水割りの水を水素水にアレンジするのが流行し始めています。
実は水素水は二日酔いの予防・症状の緩和に期待できる優れた水なのです。というのも水素水には活性酸素を除去する働きが期待でき、活性酸素は二日酔いの原因になるアセトアルデヒドから作られます。活性酸素を除去できれば二日酔いを防げるわけです。
一般的な水にはこうした働きは期待できないので水分補給はできるものの活性酸素の除去までは難しく、その点で水素水は大きく違います。
お酒が好きな方でも二日酔いは嫌なものです。水素水の水割りにアレンジするだけで二日酔いが予防できるとすればこれはとても嬉しいことではないでしょうか。
もちろん水素水とお酒を混ぜることに問題はありません。
水素水をどうやって入手するかですがコンビニなどでも売られているためそれを購入するのも1つの方法です。
ただ水素水をこれから長く愛用していくなら水素水サーバーなどを利用した方が自宅で簡単に水素水を作れて便利です。

・ワインのコーラ割り

ワインとコーラ、こんな組み合わせが本当に美味しいのかと疑問に感じるかもしれません。
しかしスペインではこのアレンジはとても有名で特にお酒にまだ慣れていない若い世代がこうした飲み方をしています。
現地ではカリモーチョと呼ばれるアレンジ方法で、お酒のあまり強くない方におすすめなのに加え、リーズナブルなお値段のワインもぐっと高級感を出すことができてしまいます。
ワインが好きでもいつも高いワインを飲めるとは限りません。安いワインを飲む時にこのアレンジを試してみるのがおすすめです。
作り方はとても簡単で、ワインとコーラを1:1の割合でグラスに注ぎます。より甘さを強くしたい人、ワインの量を減らしたい人はコーラをもう少し多めに入れてもいいでしょう。
ワインの酸味にコーラの炭酸と甘みが加わって非常に美味しく飲めるようになります。
日本ではまだまだ一般的とは言えないアレンジですがだからこそたまのアレンジに最適です。
ワインとコーラを混ぜる、これは1種のカクテルでもありますからカクテルが好きという方にもおすすめしたいアレンジ方法です。

・ダブルカルチャード

ダブルカルチャードと聞くとピンとこない方も多いかもしれません。
これはビールのアレンジの1つで、なんとビールをカルピスの原液で割ります。
カルピスの原液と言えば水で割って飲むもので、原液そのものはとても甘いのが特徴です。
苦味の強いビールと合うのかと思ってしまいますがこのダブルカルチャードというアレンジが今日本で流行しており、お店でも販売しているところが増えているのです。
割る時の比率はカルピス1に対しビール5、ビールに少量のカルピスを混ぜるイメージです。ビールの味の中にカルピスの酸味が感じられとても爽やかな風味を醸し出します。夏にぴったりのアレンジでしょう。
日本人はビールが好きな人が多く、毎日の晩酌はビールというケースも珍しくありません。飲み会などでもまずはビールからといった感じで飲み飽きたと感じている人もいるはずです。
そんな時はビールにカルピスを入れたダブルカルチャードにチャレンジしてみてはどうでしょうか。予想以上の美味しさにハマる人が続出しています。
もしかしたら将来的にはビールの飲み方としてごくごく一般的になるなんてこともあるかもしれません。